北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

取り組みへのジレンマ

 

3月に『気づけなかった同音異義語』という本をセルフパブリッシングで出しました。ああすればよかったとか、こうしなければよかったとかがひと通り落ち着き、無風状態がおとずれている。そして、今はある問いがぼんやりと湧き立っている。今日はそのことについて書こうと思います。


5か月ほど経って思うことは、わたしは「今を生きているのだろうか?」ということ。日々生活し、散らかり具合はどうであれ、たしかに目の前にある自分のワークをこなすことはできている。だけど少なくとも、わたしは瞬間を生きてはいないなあと思う。生きるためには瞬間を気にしていられないからなのか。しかしものごとは瞬間に決まる。瞬間の連続が生活だろう。例えば、日々来るメールに対する送信。その場でジャッジするものはジャッジして、先送りするものは先送りする。この見極めがなかなかむずかしい。


振り返ると今回、書き上げるのも大変だったが、その前段階、瞬間瞬間の気づきを書き留めるのもしんどかった印象がある(書き留めないと忘れてしまう。そして思い出しにくくなる)。手間というより意識の面で。仕事中、同音異義語の「あるある」へのアンテナを常に張っていなければならなくなったからだ。一方、できれば実務に集中したいという思いもあった。このジレンマのなか、ではなぜやりきれたのか。それはわたしの仕事、編集実務に直結する、ある意味特殊な作業だったからかもしれない。納期に追われているときは無理だが、実務の中断というストレスを差し引いても、ミスの出方の濃淡は後学のためになる。つまり、アンテナを張ることもやるべき実務の範疇とみなして、なんとか乗り越えたのだと振り返る。


似たような文章で同じようなミスが起こるのをわたしは知っている。その人のクセなのか、誰もがやるミスなのかの判断も、おおかた瞬時につく。編集実務にたずさわる人にしかできないことといっていいのかもしれない。一般的には書くときの目的と手段でいえば、同音異義語の使い分けを意識したり、それについて調べたりすることはどちらにも遠く、些末的な作業に思えてしまうだろう。書きながら同時におこなうモチベーションが続きにくい部類のものだ。そして音読み訓読みふくめて、変換する言葉の海は広く深い。湧いた疑問が時間をかければ解決するわけではない。立ち止まるヒマがあったら文章を少しでも書きすすめていたい、と思う人が大半だ。このジレンマについて、この本を取り上げていただいた倉下忠憲さんが運営するサイト「Honkure」から引用してみる。倉下さんが取り組むのは執筆作業でわたしとはすこし違うジレンマだが、実務に集中したいという思いは同じはずだ。

何冊か本を書いた後で、私はそのアンチョコを作ろうと計画した。誤変換・誤用しやすい言葉をピックアップしてevernoteのノートにでもまとめておくのだ。結局その計画は頓挫してしまったわけだがーーそういう間違いに気がつくのは文章の校正中で、文章の校正中にはあまり他の作業をしたくないからまったく増えなかったーー、本書はまさにそのアンチョコとして機能してくれる。


「あまり他の作業をしたくない」というのはほんとうに素直な気持ちで、わたしも理解できる。実際書いているときは内容に集中すべきなのだ(なかなかできない)。いちいち「適切なことばが使えているか」は考えなくてよい。これは、やらなくてよいという意味ではもちろんない。書き上げるプロセスの使い方を工夫すればよいのだ。書くときは書くことに集中できるよう、直すときは直すことに集中できるよう、時間をずらすことで対応する。瞬間にミスった操作も、後でゆっくり気づけばよいのである。

というわけで繰り返しになるけど、ものごとは瞬間に決まる。すこしでも今を生きようとするためには見極めの試行錯誤を繰り返すしかない。一度にいくつもやりたがる自分と、これからもうまく折り合いをつけていきたい。

   

『気づけなかった同音異義語』編集後記(3)

 

編集で心がけたこと、本書の活用のしかた、と今回の出版の後記を重ねてきましたが、これが最終。制作プロセスについての振り返りです。

お店のレジでもらうレシートにはそのときの時刻が印字される。カフェなど注文してから席につくスタイルの場合、店に入った時間がおおよそわかり、出る時間の目安になったりする。レシートがわたしの重い腰を上げるきっかけになり、背中を押してくれる。これを意識しだしたのは、ここ1、2年だと思う。

主に同音異義語の解説をのせているこのブログ「北原帽子の似たものどうし」は、ぼんやりとした動機ではじめたもの。仕事上のモチベーション維持のため、というのがあったかもしれません。向上心の減退が年々進行していて、よく読むためにはよく書けたほうがよいだろうという思いもありました。最初は書きっぱなしでオーケー。頻度的なノルマを決めてはいないので、比較的無理なく続けられてもいます。たまってる知識から、発信するための優先度が高いと思うものを引っ張りだしてくればよいことにしています。

この蓄積を本にまとめる過程でわかったことがあります。それは仕上げるまでの難しさ。今回は特にどのような構成にするかで悩みました。なかなか「これでよし」と思えない。

そんななかで知ったのが、アウトライナーというツールでした(わたしはこちらの本でツールがもつ「プロセスの使い方」と世界観を学びました。https://www.amazon.co.jp/アウトライナー実践入門-「書く・考える・生活する」創造的アウトライン・プロセッシングの技術-Tak/dp/4774182850)。伝え方がむずかしいアウトライナーですが、文章を作り上げるひとつの方法といえるでしょうか。なにかを書こうとするときに、いろいろな思いが脈絡なく断片的に浮かんでくる人には向いていると思います。そして、わたしとしてはレシートの打刻時間の活用という(新しいしくみとなった)発見と同じような感覚が、アウトライナーにはありました。今回はブログの記事がすでにあり、書きはじめからの伴走者のような関係はありませんでしたが、書きすすめるための背中を後押ししてくれました。止まりぎみだったまとめ作業がすんなり流れだしたのです。

*制作プロセスの振り返り(メモからの抜粋)
原稿書き(ブログのテキストをアウトライナーへ移す)201703
初校(構成で悩む→分類を「うっかりミス」と「まかり通りミス」へ)201704
再校(推敲の続き)201706
念校(削りと表記の統一)201709
KDP作業(しんどい時期→でんでんコンバーターでe-pub作成→いくつかのレイアウトを試しつつ、誤記の摘み取り)201801
電子書籍として出版201803

経験がある人もいるとは思いますが、ライティング停滞の原因は自身の文章への愛着(執着)であることが少なくありません。手放したいけど、手放すことができない。しかし完成だと思えるためには、書いた文章は自分事から遠ざかることが必要になってきます。今回、この自分事から遠ざかるプロセスでは「分類」作業がターニングポイントになりました。「うっかりミス」と「まかり通りミス」での区別を思いついたのです。これはアウトライナー(わたしは「Tree2」というMac用のアプリをつかいました。現在、残念ながら開発は止まっているようです)で文章をいじっているときに気づいた偶然(振り返ると必然)の産物でした。最初は項目ペアの順序を整理するだけのつもりでしたが、なにか工夫がほしいとも感じていました。主観的かもしれないけれど、同音異義語ミスに気づくためにはとっつきやすく本質的な区別だと判断して採用することにしました。結果、構成がシンプルではなくなったけど、そのぶん各項目における文章の冗長性は減った。文章が、簡潔である以上に全体として洗練されたような気がしたのです。これでやっと見通しがつき、気持ちのもやもやは消えていった。そして「紙での推敲→データに反映→プリントアウト→紙での推敲」を繰り返し、年が明けてのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)作業。このあたりは正直しんどかった。気持ち的に再起動させる段階なのに、対象に対する精神的エネルギーの枯渇。もう見たくないモードに入っていたのかもしれません。少ない文章量でも向き合うとこんななんだと思いました。そのときは無理せず、一旦作業から離れることにしました。最後の追い込みは(一冊目もそうでしたが)高いところから飛び降りる感じで「いいんだな、これでいいんだな」と、ぶつぶつ言いながら乗り越えました。土日を中心に断続的におこなってきた今回のまとめ作業は、諸事情もあり、結局まる1年かかることになりました。投げ出さなかった理由を挙げるとすれば、何になるだろう。段階ごとに打ち出した紙の束は、(もう見たくない一方で)間違いなく支えにはなったかな、ここまでやってきたという痕跡として。そして出版を経た今、書くことを職業にする人に対する距離感が、よそよそしい尊敬から身近な尊敬へとじんわり変わっています(もしかしたら、しんどさとは関係ないかもしれないけど、とにかくこれを知れたのは大きかった)。

独力でコンテンツをつくり、オープンな状態にすること。完成と思えるまで推敲を重ねるなか、わたし(思考をことばに移し替える自分)からどれだけ離れた場所(他人が理解する文章)に辿り着くのか。自分自身、一冊目の電子書籍『文章の手直しメソッド』よりも、このプロセスの機微を手触りとして理解したように思います。達成感とまではいかないまでも、やりきった感は得られた。同時に、読了者から「これ、どんな人が書いたんだっけ?」と思われるぐらいが、書く側としての実力の現在地だという気もしています。

そして最後に。いままでお礼するのを忘れていたわけではないのだけれど、この場を借りて述べさせていただきます。でんでんコンバーターhttps://conv.denshochan.com)というe-pubへの変換ソフトがなければ、わたしの出版はスムーズには運ばなかったと思います。電書ちゃん、ありがとうございます。

 

 

 

気づけなかった同音異義語: Kanji and Typos
 

 

『気づけなかった同音異義語』編集後記(2)

・なぜか、そのときは気づけない
書名が長くなるのはあまり好きではないのでやめましたが、「気づけなかった同音異義語」の前に、「わかってても」か「ふつうに」をつけようと思った時期がありました。

これを言ってしまうと元も子もないのですが、本書を一度読んだからといって同音異義語のミスがなくなるというわけではありません。いままで気づけなかったものが、いくつか気づける程度でしょう。「そうなの?」と思う方もいるかもしれませんね。でもほんとうのことです。同音異義語は文章を書いている(入力している)途中で出てくると、とたんに間違いに気づけなくなるもの(わかっていてもやられてしまう)。これは書こうとする内容に頭がいって、書いている行為のほうが少しおろそかになるからだと思います。たとえば外でケータイで誰かと電話中、周囲への注意が散漫になるかんじに似てる。同時に両方ともうまくやろうとしても無理みたいなのだ。では、どうしたらよいのか。書いたものと向き合う時間を別にとる。つまり、何回も自分の文章を読み返すしかないのです。読み返すと、少なくともうっかりミスには気づけるようになります。まかり通りミスに関しては、自分の意思で使わないようにするしかありません。もちろん使いたければ使いつづけてもかまいません。環境(相手)に応じて、スタンス(自分)に応じて、臨機応変に表現覚悟を使い分けていいと思います。

・自分のものにする瞬間まで
この本『気づけなかった同音異義語』を有効に活用するには2回目が肝心です。1回目が初読、2回目は再読と一般的にはいいますが、今回わたしが言いたい2回目はすこしニュアンスが異なります。この本を一度読み終わり、なにかの折、ちょっと気になって再びひらくときが2回目。ここがとても大切な瞬間だと思うのです。なぜなら2回目こそがその語に対するもっとも主体的な行動といえるからです。この経験をさまざまな語でしておくと、流れのなかの文章でもミスに気づきやすくなるように思います。

編集作業で心がけたことは先月記しました。本書には、わたしが「ミスの出方への対応」を最優先したことで、あなたが知りたかった語源にもとづいた理由などは書かれていないかもしれません。そのときはご了承ください。巻末に、今回まとめ作業をするうえで参考にした図書を掲げました。関心がわくものがありましたら、ぜひ手に入れてみることをお勧めします。来月は本書の「制作プロセス」について記す予定です。


*4月中は、[twitter:@kitaharaboushi]ハッシュタグ「#気づけなかった同音異義語」)で、本書についてつぶやいています。よかったらのぞいてみてください。

 

 

 

気づけなかった同音異義語: Kanji and Typos
 

 

『気づけなかった同音異義語 Kanji and Typos』編集後記

 

このたび、ブログ「北原帽子の似たものどうし」の記事をもとに、新しく編集しなおしたものをkindle本として電子書籍化しました。『気づけなかった同音異義語 Kanji and Typos』というタイトルです。

今回、企画段階ではピックアップする項目の数で悩みました。30個のペアでは少なくないか、と。辞書に載せる項目数とくらべると、話になりませんよね。そこで、項目を「みんなの失敗エピソード」の数ととらえたら、どうだろうと思いました。誰もなるべくなら自分のミスは見たくないもの。でも、他人がやったミスだったらすこし興味がわくのではないか(ほめられた動機ではありませんが)。ピックアップする数が多いと記憶にも残りづらい。そう考えたら、気持ちがすこし軽くなりました。

本文のなかでは、みんなの「公約数的ミス」という表現を用いて、本書を書くきっかけを説明しました。散らばりつづけるみんなが気づけなかったことばを、どう整理してまとめたらよいだろう。入力時、流れのなかで見過ごしがちなこと、どうしたら気に留めてもらえるだろう。

編集作業で心がけたことは、以下のふたつです。

・実用的であること
わたしが知り得たことを、わたしで止める理由はありませんでした。自分のなかにある集合知っていえるのかな。たまっているノウハウは(社会のなかの)個人に流して(戻して?)いこうと、そう思いました。本書で取り上げたことばがよくあるケースに当たるのかどうかは、わたしの経験から得た判断です。もちろん一個人のチョイスなので、かたよりがあることは否めないでしょう。別のひとがやったら、ちがうラインナップになったと思います。とはいえ、編集実務者としてくりかえし同じ指摘をしてきたことばのペア群であることは確かです。実際のミスの出方はネットで検索してもほとんど出てきません。ここが本書の価値だと信じてまとめ作業をしてきました。ちなみに、仕事でわたしが見逃したものも当然はいっています。(あとから気づけた)自分が拾えなかった同音異義語ミスのメモを並べながら、公約数的ミスの仲間に入れるかを考えました。

・簡潔であること
目次から気になった似たものどうしのペアを早く引けるように、構成の階層は少なくしました。たどりついた項目先では約物(文字や数字以外の記号)を多く配置し、視覚的なわかりやすさに工夫をこらしました。次の項目にサクサクすすめるように、文章は簡潔であることを心がけました。

本書を活用した人の何人かでよいのですが、文章を書く際、同音異義語になやまされる時間が減り、内容に集中できるようになれば幸いです。

 

 

気づけなかった同音異義語: Kanji and Typos
 

 

ブログの記事をもとに、本をつくっています(進行中)

現在、ブログの記事をもとに本を編集しているところです。

 

わたしが日々ゲラに接しながら向き合ってきたものは何だったんだろうか。

ときどき振り返ったりします。

まちがいなく同音異義語はその中のひとつだと思う。

同音異義語は入力作業の変換で起きるミスが多い。

まずは自分のミスのうち、「誰もが起こすミス」はどんな場合かを知っておくこと、それがけっこう大切ではないかと思う。

なぜかというと、ミスは相対化することで、自分だけでは気づけなかったことに早く気づけるようになるからです。

文章の中のミスって(本でも出さないかぎり)誰も指摘してくれません。

それがふつうです。

知識不足だったり、知識はあってもそれが勘違いだったり、自分がおこなった行為に対して、どれだけ自覚的になれるか。

間違うプロセスに意識を向けることで、同音異義語の理解だけでなく、文章に対する理解も深まります。

ですのでこの際、ミスするパターンを知っておきましょう、というわけです。

 

おそくても3月中には出せたらと思っています。

 

【効く/利く】編集の現場から

基本的な意味

効く:効果がある

利く:機能する(work)、できる

 

 

現状

このふたつは、意味だけみると理解しやすい似たものどうしだと思います。ただ、実際の使われ方は「効く」にバイアスがかかり、「利く」のほうがあまり認知されていない印象。本の編集の現場でも「効く」を「利く」に指摘する場面が多い。

 

理由と対処

なぜ、みんな「効く」にしてしまいやすいのか。これはまず「効く」のほうがふだん目にする機会が圧倒的に多いからだろう(「利く」はひらがなで書かれるケースが多いからというのもあるかも)。そのため、「キク」は「効く」でよいと無意識に思うのかもしれない。また、「利く」よりも「効く」のほうがことばとして強い、というのもあるような気がする。対処の結論としては、効果という意味をもたせたい場合以外は、ほとんどが「利く」になるということです。

 

例えば、

 

・スパイスのきいたカレーを食べた

・クーラーがきいた部屋に入る

 

は「効いた」だが、

 

・気がきく

・つぶしがきく

・保存がきく

・ごまかしがきかない

・無理がきかない

 

などは、「利く」「利かない」になる。

 

それでは、さきほどの例文と似ているようだが

 

・スパイスをきかせたカレーをつくる

 

の場合はどうだろう。

 

これは「利かせた」がよいのではないか。つまり他動詞としての使い方だ。

 

最後に、

 

・空調がきいた部屋に入る

 

はどうだろうか。これは「利いた」でもよいのではないかと思う。なぜなら、クーラーは効く(効果がある)だが、空調は利く(はたらくという意味)でもよいからだ。

 

このように今回の【効く/利く】は使い分けが悩ましいケースもありますが、使う人の意図で臨機応変に対処してよいかと思います。

 

 

 

気づけなかった同音異義語: Kanji and Typos
 

 

【以前/依然】編集の現場から

基本的な意味
以前:ある時点より前(時間)
依然:前と変わらない様(状態)

・現状
仕事でゲラを読んでいて、数年前までは「以前として」という書きミスを見かけることがあった(最近はあまり見ない)。そして私はそれをちょくちょく見落としてきた。年に数回、忘れたころにやってきては見落とした。おそらく気づかずにいってしまった文章もあっただろう。ごめんなさい。ま、それは置いておいて、原因は何なのかを少し考えてみたい。
 
・理由
以前と依然。例えば「以前から」と「依然として」は同じようなことをいっていると思う。時間からの視点か状態からの視点かで違いはあるけど、意味の重なりが深いのだ。これがまずひとつ。他に最近これも理由ではないかと思ったのは、仕事で読んでいるときではなく、プライベートで書いているときだった。そのときのメモを下記にのせます。
 
  
最高裁判所裁判官の国民審査について
 
制度が形骸化している現状がある
やめさせたいと思う人にバツをつける(マルは無効)
過半数に達した裁判官は罷免となる
今回の対象7名
依然として罷免された人はゼロ(1949年以降、過去23回)
公職選挙法では国民審査に制約なし
憲法では審査後10年は審査されなくてよいとある(しかし現状10年以上、最高裁判所裁判官を務める人はいない)
以前は選挙公報以外に情報が少なかった
最高裁判所の裁判官、出身は判決に影響でることがあるか?
裁判官出身(保守的な傾向)
弁護士出身、学者出身(革新的な傾向)
検察官出身
外交官出身
 
憲法は変えにくい
国民審査法を変えるべきという意見
 
以前から、わからなかったら全員にバツをつけるキャンペーン(?)をはっている。わからないからといって白紙で出すのはだめ。白紙は信任(全員続けてほしいという意思表示)したことになるから。他には棄権もできる。やりませんという意味での意思表示は可能(ジャーナリスト)。
 
 
メモをのせたのは、体感することが大切だと身にしみて思ったからでした。内容よりも表現のほうに注目していただきたいと思います。「依然として罷免された人は〜」の箇所で、わたしは「いぜんとして」と入力したあと、変換候補からうっかり「以前として」を選択してしまい、はっとしました。仕事での苦手ワード感がよみがえってきたのです。そこで初めてこの似たものどうしは、変換時の問題も大きいのではないかと思い至りました。
 
・対処
最近の変換機能は優秀で、かなりきちんと使い分けて「以前」「依然」の漢字がでると推測します。それでも単語入力にするか文節入力にするか、自分自身で見極める必要がありそうです。
「いぜんから」→「以前から」
「いぜんとして」→「依然として」
現在のあなたのPCもしくは携帯端末の変換ではどうでしょうか。上記のように文節入力でそれぞれふさわしいかたちが第一候補ででれば、(とりあえずは)安心した入力環境といえるかもしれませんね。
 
 
 
 
*2017年10月22日、加筆修正しました
 

 

気づけなかった同音異義語: Kanji and Typos