北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

『気づけなかった同音異義語』編集後記(2)

・なぜか、そのときは気づけない
書名が長くなるのはあまり好きではないのでやめましたが、「気づけなかった同音異義語」の前に、「わかってても」か「ふつうに」をつけようと思った時期がありました。

これを言ってしまうと元も子もないのですが、本書を一度読んだからといって同音異義語のミスがなくなるというわけではありません。いままで気づけなかったものが、いくつか気づける程度でしょう。「そうなの?」と思う方もいるかもしれませんね。でもほんとうのことです。同音異義語は文章を書いている(入力している)途中で出てくると、とたんに間違いに気づけなくなるもの(わかっていてもやられてしまう)。これは書こうとする内容に頭がいって、書いている行為のほうが少しおろそかになるからだと思います。たとえば外でケータイで誰かと電話中、周囲への注意が散漫になるかんじに似てる。同時に両方ともうまくやろうとしても無理みたいなのだ。では、どうしたらよいのか。書いたものと向き合う時間を別にとる。つまり、何回も自分の文章を読み返すしかないのです。読み返すと、少なくともうっかりミスには気づけるようになります。まかり通りミスに関しては、自分の意思で使わないようにするしかありません。もちろん使いたければ使いつづけてもかまいません。環境(相手)に応じて、スタンス(自分)に応じて、臨機応変に表現覚悟を使い分けていいと思います。

・自分のものにする瞬間まで
この本『気づけなかった同音異義語』を有効に活用するには2回目が肝心です。1回目が初読、2回目は再読と一般的にはいいますが、今回わたしが言いたい2回目はすこしニュアンスが異なります。この本を一度読み終わり、なにかの折、ちょっと気になって再びひらくときが2回目。ここがとても大切な瞬間だと思うのです。なぜなら2回目こそがその語に対するもっとも主体的な行動といえるからです。この経験をさまざまな語でしておくと、流れのなかの文章でもミスに気づきやすくなるように思います。

編集作業で心がけたことは先月記しました。本書には、わたしが「ミスの出方への対応」を最優先したことで、あなたが知りたかった語源にもとづいた理由などは書かれていないかもしれません。そのときはご了承ください。巻末に、今回まとめ作業をするうえで参考にした図書を掲げました。関心がわくものがありましたら、ぜひ手に入れてみることをお勧めします。来月は本書の「制作プロセス」について記す予定です。


*4月中は、[twitter:@kitaharaboushi]ハッシュタグ「#気づけなかった同音異義語」)で、本書についてつぶやいています。よかったらのぞいてみてください。

 

 

 

気づけなかった同音異義語: Kanji and Typos
 

 

 

 

 

『気づけなかった同音異義語 Kanji and Typos』編集後記

 

このたび、ブログ「北原帽子の似たものどうし」の記事をもとに、新しく編集しなおしたものをkindle本として電子書籍化しました。『気づけなかった同音異義語 Kanji and Typos』というタイトルです。

今回、企画段階ではピックアップする項目の数で悩みました。30個のペアでは少なくないか、と。辞書に載せる項目数とくらべると、話になりませんよね。そこで、項目を「みんなの失敗エピソード」の数ととらえたら、どうだろうと思いました。誰もなるべくなら自分のミスは見たくないもの。でも、他人がやったミスだったらすこし興味がわくのではないか(ほめられた動機ではありませんが)。ピックアップする数が多いと記憶にも残りづらい。そう考えたら、気持ちがすこし軽くなりました。

本文のなかでは、みんなの「公約数的ミス」という表現を用いて、本書を書くきっかけを説明しました。散らばりつづけるみんなが気づけなかったことばを、どう整理してまとめたらよいだろう。入力時、流れのなかで見過ごしがちなこと、どうしたら気に留めてもらえるだろう。

編集作業で心がけたことは、以下のふたつです。

・実用的であること
わたしが知り得たことを、わたしで止める理由はありませんでした。自分のなかにある集合知っていえるのかな。たまっているノウハウは(社会のなかの)個人に流して(戻して?)いこうと、そう思いました。本書で取り上げたことばがよくあるケースに当たるのかどうかは、わたしの経験から得た判断です。もちろん一個人のチョイスなので、かたよりがあることは否めないでしょう。別のひとがやったら、ちがうラインナップになったと思います。とはいえ、編集実務者としてくりかえし同じ指摘をしてきたことばのペア群であることは確かです。実際のミスの出方はネットで検索してもほとんど出てきません。ここが本書の価値だと信じてまとめ作業をしてきました。ちなみに、仕事でわたしが見逃したものも当然はいっています。(あとから気づけた)自分が拾えなかった同音異義語ミスのメモを並べながら、公約数的ミスの仲間に入れるかを考えました。

・簡潔であること
目次から気になった似たものどうしのペアを早く引けるように、構成の階層は少なくしました。たどりついた項目先では約物(文字や数字以外の記号)を多く配置し、視覚的なわかりやすさに工夫をこらしました。次の項目にサクサクすすめるように、文章は簡潔であることを心がけました。

本書を活用した人の何人かでよいのですが、文章を書く際、同音異義語になやまされる時間が減り、内容に集中できるようになれば幸いです。

 

 

気づけなかった同音異義語: Kanji and Typos
 

 

ブログの記事をもとに、本をつくっています(進行中)

現在、ブログの記事をもとに本を編集しているところです。

 

わたしが日々ゲラに接しながら向き合ってきたものは何だったんだろうか。

ときどき振り返ったりします。

まちがいなく同音異義語はその中のひとつだと思う。

同音異義語は入力作業の変換で起きるミスが多い。

まずは自分のミスのうち、「誰もが起こすミス」はどんな場合かを知っておくこと、それがけっこう大切ではないかと思う。

なぜかというと、ミスは相対化することで、自分だけでは気づけなかったことに早く気づけるようになるからです。

文章の中のミスって(本でも出さないかぎり)誰も指摘してくれません。

それがふつうです。

知識不足だったり、知識はあってもそれが勘違いだったり、自分がおこなった行為に対して、どれだけ自覚的になれるか。

間違うプロセスに意識を向けることで、同音異義語の理解だけでなく、文章に対する理解も深まります。

ですのでこの際、ミスするパターンを知っておきましょう、というわけです。

 

おそくても3月中には出せたらと思っています。

 

【効く/利く】編集の現場から

基本的な意味

効く:効果がある

利く:機能する(work)、できる

 

 

現状

このふたつは、意味だけみると理解しやすい似たものどうしだと思います。ただ、実際の使われ方は「効く」にバイアスがかかり、「利く」のほうがあまり認知されていない印象。本の編集の現場でも「効く」を「利く」に指摘する場面が多い。

 

理由と対処

なぜ、みんな「効く」にしてしまいやすいのか。これはまず「効く」のほうがふだん目にする機会が圧倒的に多いからだろう(「利く」はひらがなで書かれるケースが多いからというのもあるかも)。そのため、「キク」は「効く」でよいと無意識に思うのかもしれない。また、「利く」よりも「効く」のほうがことばとして強い、というのもあるような気がする。対処の結論としては、効果という意味をもたせたい場合以外は、ほとんどが「利く」になるということです。

 

例えば、

 

・スパイスのきいたカレーを食べた

・クーラーがきいた部屋に入る

 

は「効いた」だが、

 

・気がきく

・つぶしがきく

・保存がきく

・ごまかしがきかない

・無理がきかない

 

などは、「利く」「利かない」になる。

 

それでは、さきほどの例文と似ているようだが

 

・スパイスをきかせたカレーをつくる

 

の場合はどうだろう。

 

これは「利かせた」がよいのではないか。つまり他動詞としての使い方だ。

 

最後に、

 

・空調がきいた部屋に入る

 

はどうだろうか。これは「利いた」でもよいのではないかと思う。なぜなら、クーラーは効く(効果がある)だが、空調は利く(はたらくという意味)でもよいからだ。

 

このように今回の【効く/利く】は使い分けが悩ましいケースもありますが、使う人の意図で臨機応変に対処してよいかと思います。

 

【以前/依然】編集の現場から

基本的な意味
以前:ある時点より前(時間)
依然:前と変わらない様(状態)

・現状
仕事でゲラを読んでいて、数年前までは「以前として」という書きミスを見かけることがあった(最近はあまり見ない)。そして私はそれをちょくちょく見落としてきた。年に数回、忘れたころにやってきては見落とした。おそらく気づかずにいってしまった文章もあっただろう。ごめんなさい。ま、それは置いておいて、原因は何なのかを少し考えてみたい。
 
・理由
以前と依然。例えば「以前から」と「依然として」は同じようなことをいっていると思う。時間からの視点か状態からの視点かで違いはあるけど、意味の重なりが深いのだ。これがまずひとつ。他に最近これも理由ではないかと思ったのは、仕事で読んでいるときではなく、プライベートで書いているときだった。そのときのメモを下記にのせます。
 
  
最高裁判所裁判官の国民審査について
 
制度が形骸化している現状がある
やめさせたいと思う人にバツをつける(マルは無効)
過半数に達した裁判官は罷免となる
今回の対象7名
依然として罷免された人はゼロ(1949年以降、過去23回)
公職選挙法では国民審査に制約なし
憲法では審査後10年は審査されなくてよいとある(しかし現状10年以上、最高裁判所裁判官を務める人はいない)
以前は選挙公報以外に情報が少なかった
最高裁判所の裁判官、出身は判決に影響でることがあるか?
裁判官出身(保守的な傾向)
弁護士出身、学者出身(革新的な傾向)
検察官出身
外交官出身
 
憲法は変えにくい
国民審査法を変えるべきという意見
 
以前から、わからなかったら全員にバツをつけるキャンペーン(?)をはっている。わからないからといって白紙で出すのはだめ。白紙は信任(全員続けてほしいという意思表示)したことになるから。他には棄権もできる。やりませんという意味での意思表示は可能(ジャーナリスト)。
 
 
メモをのせたのは、体感することが大切だと身にしみて思ったからでした。内容よりも表現のほうに注目していただきたいと思います。「依然として罷免された人は〜」の箇所で、わたしは「いぜんとして」と入力したあと、変換候補からうっかり「以前として」を選択してしまい、はっとしました。仕事での苦手ワード感がよみがえってきたのです。そこで初めてこの似たものどうしは、変換時の問題も大きいのではないかと思い至りました。
 
・対処
最近の変換機能は優秀で、かなりきちんと使い分けて「以前」「依然」の漢字がでると推測します。それでも単語入力にするか文節入力にするか、自分自身で見極める必要がありそうです。
「いぜんから」→「以前から」
「いぜんとして」→「依然として」
現在のあなたのPCもしくは携帯端末の変換ではどうでしょうか。上記のように文節入力でそれぞれふさわしいかたちが第一候補ででれば、(とりあえずは)安心した入力環境といえるかもしれませんね。
 
 
 
 
*2017年10月22日、加筆修正しました
 

【必須/必至】編集の現場から

基本的な意味
必須:なくてはならないこと
必至:必ずそうなること、避けられそうにないこと
 
現状
必至の意味がふさわしい文脈なのに、必須にする人が少なくない。ベテランの著者はあまり間違わない印象がある。
 
理由
わたしたちが、なぜ必至をつかうべきときにつかえないのかというと、日常のシーンでなじみ薄だからというのがまずあります。そしてもうひとつは、必死という語の存在です。ややこしい説明になりますが、ミスをさそう理由に次のようなプロセスを想像します。必死をつかう場面ではないので必至でもないと思い込み(ヒッシという音が同じなのでおそらく無自覚に)、必至がふさわしいときでも、なじみのある必須にしてしまうのではないか、と。ここで面白いのは、同音異義語である「必死」「必至」での混同ではなく、「必須」「必至」での混同になってあらわれるということでしょう。
 
もう少し踏み込んで見ていきます。下記の例文のように、同じ文章で必須でも間違いではなさそうな(意味は通る)ケースがあります。しかし、どちらにするかで意味合いは変わってきます。
 
例文
必須:これはサポート必須(なこと:条件)だな。
必至:これはサポート必至(になりそう:予測)だな。
 
対処
次に挙げる例などを参考にして、文脈で最適なほうを選べるよう、ことばへのアンテナの感度を一段階上げていきましょう。
 
・必須の場合
必須アイテム
必須条件
予約必須な店(予約しなければ入れない)
ノートパソコン利用には必須となる電源の確保
その事態に対応するには、さらに専門的な理解が必須です
 
・必至の場合
行列は必至
予約必至な状況の店(予約しないと入れなそう)
議論になるのは必至の状況
増税必至
生活への影響は必至
納期の遅れは必至
計画の見直しは必至
 

【決済/決裁】編集の現場から

 

基本的な意味

決済:お金を支払う

決裁:下の者が出した案の可否を上の者が決める

 

・現状と理由

同音異義語による変換ミスの典型ペアです。編集の現場感覚では、「決裁」をつかう場面で「決済」にひっぱられるものが多い印象です。「決裁」のほうが世間的にはなじみ薄なので、いざ使うときにもってこれないのかもしれません。基本的な意味をくらべてみると間違いそうにないのですが、どちらもビジネスシーンで使われやすいのが特徴です。進めている案件の確認でつかうことが多いでしょうか。「ケッサイはいつ?」「ケッサイがまだなんです」これでは前後の流れがないと、どちらかはわかりません。

 

・対処

「ケッサイする」といった場合、決済なのか、決裁なのか。決済はお金そのものが対象だし、決裁もお金がからみやすいことば。ではどのような意識をもてば間違いにくいのか。なかなかうまい説明が見つかりませんが、以下の語が頻出例です。ことばがもつイメージをつかんで、使い分けの参考にしてください。

 

・決済

現金で決済する

決済サービス

モバイル決済

決済資金

決済日

 

・決裁

案件を決裁する

決裁を仰ぐ

決裁する稟議書

決裁書類

(決算書とも混同しがち)

 

 

Amazon.co.jp: 文章の手直しメソッド: 〜自分にいつ何をさせるのか〜 eBook: 北原 帽子: Kindleストア