北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

似たものどうし

【捕まえる/掴まえる】

「掴む」のときではなく「掴まえる」のときに、「捕まえる」と混同するのがポイント。「掴まえる」と書くべきところを「捕まえる」にしてしまうことが多い。どちらともいえないこともあり、考えるとわからなくなるときも。そんなときはひらがなで書くという…

【別れる/分かれる】

「別れる/分かれる」での間違いの見過ごしは、実際は「別れて/分かれて」「別れた/分かれた」で発生しやすい。その中でもよくあるのは「分かれた」と書くところを「別れた」にしてしまうこと。書く行為から読む状態に移らないと気づかない間違いのひとつ。

【関わらず/拘らず】

「~にも関わらず」「~に関わらず」という表現がメディアではやたらと目にする。PCで変換するとそう出てくることが多いからか。しかしこれは明らかに間違い。「~にもかかわらず」「~にかかわらず」とひらがなにするべきである。漢字にすると「拘らず」と…

【自任/自認】

「自任している」(自分がふさわしいと思う、自負している)と書くところを、「自認している」(事実を自分が認める)としているケースがとても多い。「辞任する」ということばの存在も影響しているのかもしれない。ポジティブなときは「自任」、ネガティブ…

【弥が上にも/否が応でも】

「弥が上にも」=(ますます)の意味で使いたいのに、(なにがなんでも)=「否が応でも」と書くひとが多い。さらにいうと、「否応なしに」=(むりやりに)が加わると、いやがうえにも、混乱は深まる。