読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

【例えば/喩え・譬え/仮令】編集の現場から

似たものどうし

この3つのちがいは区別しておきたい。どういうときに、どの漢字をつかうべきか。まず「〜にたとえると」というとき、漢字は「喩え」か「譬え」をつかう。これを「〜に例えると」としているケースが多い。また仮定を強調するさいの「たとえ〜でも」というときも「例え〜でも」とするのは間違い。漢字で書くと「仮令(これで「たとえ」とよむ)〜でも」となる。なのでまとめると、一般的な読み手を想定しているなら、なにかの例を挙げるときの「例えば〜」以外は、ひらがなで書くのが無難かも。実際そうしている著者は多い。

 

Amazon.co.jp: 文章の手直しメソッド: 〜自分にいつ何をさせるのか〜 eBook: 北原 帽子: Kindleストア