北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

【半面/反面】編集の現場から

よくあるのが、「半面」をつかったほうがよいところで「反面」にしている例。とくに接続詞的につかう場面では気を配りたい。著者の方でも、きちんと使い分けているときが少ない印象がある。そんな似たものどうし。

 

・「片方で」「一方で」の意味でつかう場合

「〜である。半面、〜でもある」

例文 このような使い分けはどうでもよいと思う。半面、考えると確かに区別できるような気もする。(反面でなく、半面をつかったほうがよい文章)

 

・プラス面とマイナス面で対比する場合

「〜である反面、〜である」

例文 便利である反面、リスクもある。

 

*新聞界では、「反面」をつかう場面でも「半面」で統一しているところがある。

 

 

Amazon.co.jp: 文章の手直しメソッド: 〜自分にいつ何をさせるのか〜 eBook: 北原 帽子: Kindleストア