読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

【渡る/亘る】編集の現場から

似たものどうし

〜は長期に渡る

〜は広範囲に渡る

〜は多岐に渡る

公私に渡り〜

細部に渡り〜

 

上のような使い方は、テレビの画面などではよく見かける。しかし使い分けるのなら、これらはすべて正確には「亘る」のほう。「亘る」をつかうところで「渡る」になっているのが常態化している背景には、「亘る」が常用漢字でないことが影響しているもよう。使い分けたい人は以下のイメージをヒントにしてみてください。とくに意味をもたせる場合でなければ、どちらもひらがなで対応するとよいです。

 

渡る:ある地点からある地点へ移動するイメージ

亘る:すみずみまで広がるイメージ

 

 

 Amazon.co.jp: 文章の手直しメソッド: 〜自分にいつ何をさせるのか〜 eBook: 北原 帽子: Kindleストア