読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

【づくし/ずくめ】編集の現場から

【づくし/ずくめ】の使い分けのまえに、「ずくし」「づくめ」という書き方はないことを、まず知っておくこと。「づくし」「ずくめ」が正しく、辞書ではこの表記で載っている。

 

それでは本題の使い分け。わたしは今でも迷うときがある。うろ覚えでやると間違う。だから、かならず手許にある辞書で確認するようにしている。それは心から納得していないからかもしれない。とはいえ、辞書ごとに使い分けの記載がまちまちということはない。迷ったらためらわずに確かめよう。

 

ポイントは、最初に指摘したように、漢字で「尽くめ」と書くからといって、読みが「づくめ」にはならないということ(「ずくめ」になります)。もうこれは「そういうもの」として慣れていくしかない。下記に使用例をしめす。

 

*づくし(同じようなものをすべて並べ挙げるという意味でつかう)

使用例

・花尽くし(づくし)

・ないない尽くし(づくし)

 

*ずくめ(すべてがそうであるという意味でつかう)

使用例

・黒尽くめ(ずくめ)

・いいこと尽くめ(ずくめ)

 

これに関連して、使用頻度の高いほかの「づ」「ず」そして「ぢ」「じ」(ひっくるめて「四つ仮名」という)をふくむ言葉も覚えておいて損はない。

 

使用例

・「愛想尽かし」は、あいそづかし(×あいそずかし)

・「稲妻」は、いなずま(×いなづま)

・こぢんまり(×こじんまり)

・「地頭」は、じあたま(×ぢあたま)

 

 

*2017年3月30日 加筆修正しました

  

 Amazon.co.jp: 文章の手直しメソッド: 〜自分にいつ何をさせるのか〜 eBook: 北原 帽子: Kindleストア