読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北原帽子の似たものどうし

昨日書いた文章、今日の目で読み返す。にがい発見を明日の糧に。

【お話をする/お話しする】編集の現場から

似たものどうし

意外と知られていない、送りがなの有無について。取り上げるのは「おはなし+する」の使い方。どういう場合におはなしの「し」をおくるのか、おくらないのか。表現のしかたは決まっていて、多くの著者も下記のように使っている。参考に。

 

・【お話】が名詞のとき、「し」は付けない

お話をする

・【お話】が動詞のとき、「し」を付ける

お話しする

 

些細なことかもしれないけど、この使い分けをおぼえておくと、もう悩むことはない。

 

「よければ、お話ししていただけませんか?」(動詞)

「すみません、いまはお話をすることができません」(名詞)

 

 

Amazon.co.jp: 文章の手直しメソッド: 〜自分にいつ何をさせるのか〜 eBook: 北原 帽子: Kindleストア